毎年1月2日は福袋を買いに小田急デパートへ

独身時代から毎年1つきましては2日は洋服の福袋を買いにデパート近所の小田急デパートに行きます。
小田急デパートがオープンするのは午前10時。オープン1時間前の午前9時に列に並んで待っています。

家族には「そこまでして買わなくても」と批判されることもありますが、小田急百貨店福袋はお得で毎年福袋を買うのが楽しみで楽しみで仕方ありません。

最近はネットの予約販売もありますが、オープンして大好きなブランドのお店まで買いに行くときのドキドキわくわく感がたまりません。
ゲットした福袋の中身がとても気に入ったときの満足感も忘れられず、逆にあまり気に入らなかったときは「来年こそは」と気合いが入ります。

私が毎年行く小田急デパートは入口がたくさんあります。
駅とホテルに直結した入口があり、10年間福袋購入のためデパートのいくつかの入り口に並んだ結果私が気に入った入り口があります。
それは、デパートとホテルのラウンジをつなぐ入り口です。駅とは反対側にあるので電車に乗って買いに来る人の多くは流れで駅と直結した入口か、正面玄関に並んぶ人が多いのですがホテル側の入口は駅から遠いため割りとすいていて穴場なのです。
そして、ホテル側の入り口の最大のメリットはホテルのラウンジと繋がっているため暖房が効いていて寒くありたせん。
1月2日ですから毎年とても寒いです。1時間じっと外で成らんで待つのは体力気力がいります。
暖房が効いているホテル側の入り口を発見した時は衝撃的でした。それ以来私は毎回ホテル側の入り口に並びます。誰にも教えたくない穴場の入り口です。人も少なめなので階段をダッシュすれば間違いなく福袋がゲット出来る入り口です。

もし、1月の初売りで福袋を買いに行くなら私の経験上。事前に下調べをしっかりしてどこの入り口に並ぶか。どの経路で目当てのお店までまで行くかを考えておくことをおすすめします。
お店にもよるかもしれませんが、目立った場所にあるエスカレーターは人が集中して混雑がすごいです。
体力に自信がある方ならフロアの隅にあるあまり人が来ないような階段をスニーカーで行くことをおすすめします。

Categories: 未分類